浮気調査

こんなご経験はありませんか

  • 大手探偵社で調査を依頼したところ証拠もとれず発覚してしまった
  • HPで見つけた安い料金の探偵事務所に見積り依頼したら100万円以上になって諦めた
  • テレワークの日なのにパートナーは朝から出かけることがある
  • パートナーが突然離婚を告げた後、頻繁に外泊するようになった
  • パートナーが浮気しているようだが生まれたばかりの子どもがいるので離婚したくない

今後の展開に備えて今すぐ浮気相手との肉体関係を証明する証拠をとるべきです

今、様々な理由から離婚や慰謝料請求を考えていなくても、今後の気持ちの変化や夫婦関係の悪化に備えて今のうちに浮気の証拠を持つことが賢明です。不貞行為は「自由意思に基づいて配偶者以外の異性と肉体関係を持つ」とこと定義されます。(デートやキスでは不貞行為になりません)

従って不貞と推認されるラブホテルや浮気相手の自宅に出入りしている証拠映像が必要です。浮気調査の費用をかけられないという理由から、ご自分で尾行や撮影を行うことは難易度が高く発覚のリスクがありますのでお勧めできません。

自分で集めた情報や証拠があれば浮気調査の費用も抑えられる

KSmissionは事前情報に基づき対象者の行動パターンを調べ、接触の可能性の高い日と行動時間を絞って調査を実施しております。

また、行動エリアや浮気相手に関する情報等より多くの事前情報を集めることによって無駄な張込みや過度な尾行を省くことができ、結果として安全且つ費用を抑えることになります。

調査実施前に依頼者様ご自身で収集できる情報

  1. 携帯電話やSNSアプリでの会話の内容や画像
  2. ICカード乗車券やETC、クレジットカードの利用履歴
  3. ICレコーダーによる録音で車内や室内での会話の内容
  4. 小型発信機による外出時の外出先や滞在先

KSmissionにご依頼頂くと上記の収集方法を丁寧にお教えします。また調査期間中のICレコーダーや小型発信機のレンタルも可能です。

その他ご予算に応じて柔軟に調査プランをご提案いたしますのでお気軽にご相談ください。

調査費用:1日5時間 7万円〜(実費経費込)

📞:お電話でのお問い合わせはこちら年中無休(10::00~21:00) ✉:メールでのお問い合わせはこちら(24時間受付中)
PAGE TOP