撮影技術

どこまでも限りなく鮮明な画像を提供する理由

KSmissionは創業当時から常に”鮮明な画像”を提供することに拘ってまいりました。
その理由とは、「そこに多くの情報が込められているから」です。
かつて某女性モデルの海外旅行の帰国時に撮影された写真、持っていたチケットを拡大したところ交際を噂されている男性俳優の名前が記載されていたことが報じられました。
このように、鮮明な画像は拡大すると目には見えない情報が隠れているのです。
昭和から平成そして令和に移り、撮影機材は想像を絶する進化を遂げています。
誰なのか判別もできないボケボケの写真を裁判資料として提供する業者が未だにいる中、KSmissionは証拠写真を提供するものとして、多くの情報を依頼者様にご報告できるよう常に鮮明な証拠画像を撮影することを心がけて参ります。


アリバイを証明する「4W1H」の画像

裁判で訴えられた側の身になって考えてみましょう。
証拠写真を出されてまず考えること、それは「どこかに言い逃れできるものがないだろうか」ではないでしょうか。「これは私ではない」「この日、そんなこところには行っていない」と苦し紛れに言い切る人は少なくありません。
そのような対策としてKSmissionの証拠写真は「4W1H」を盛り込むように撮影しています。
「いつ」「どこで」「誰が」「何を」「どのようにしたか」を意識しながら、1枚の画像によって誰にでも状況が伝わる証拠写真を提供しています。


使用する撮影機材は高性能カメラのみ

 「探偵」と聞くと、「○○型カメラ」「暗視スコープ○○」等、様々なスパイグッズを思い浮かべるのではないでしょうか。
 人生を左右する証拠を撮影するためには失敗は許されません。
実際にそれらのグッズを試しましたが、画質や使い勝手等少しでも不安があるものは現場で使用することはできません。
通常使用しているビデオカメラやコンパクトカメラには、グッズ的な小型化には対応できませんが、その点は撮影の仕方で補えるものですし画質は十分なレベルであると考えます。

撮影機材

 また、真暗な場所においても現在使用しいてるミラーレス一眼の電子式ビューファインダーであれば赤外線カメラや暗視スコープ等を使用しなくても被写体にピントを合わせカラー撮影できます。KSmissionは最良の証拠画像を提供できるよう常に研究を続けて参ります。

撮れるものは何だって撮る!!

浮気調査の場合、ホテルに出入りするシーンを撮影することが最大の目的です。
しかし、それ以外に関連付ける証拠(間接的証拠)があれば更に証拠能力は高くなると考えます。
メールやline、鞄の中、服装や靴、肌や髪質、指輪、クレジットカード、捨てたゴミ・・・あまり関係のないようなものでも、後に点と点がつながることがあります。

浮気相手とのLine

”情報は宝なり”KSmissionは撮れるものは全て撮影しております。

<< 前のページへ戻る